読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住宅ローンを組むまでの記録

賢く住宅ローンを組む方法を勉強してまとめます

売買契約を締結したのに住宅ローンを断られたらどうなるの?

新築マンションなどの見学等に行っているときは、まだ住宅ローンの審査が降りるか判断がつきません。

特に、上限金額いっぱいで借りようとしているときなどは不安かもしれません。 手付金を支払っていることもあり、返ってこないのではないかと不安にもなります。

売買契約書を作成する際に、ローン条項(ローン利用特約)を付けるのが一般的です。

以下のような内容が書かれていることが一般的です。

1、買主は、この契約締結後すみやかに、表記の融資のために必要な書類を揃え、その申込手続きをしなければならない。

2、表記の融資承認予定日のうち最終の予定日までに、前項の融資の全部または一部について承認を得られない時、買主は、表記の契約解除期日まではこの契約を解除することができる。

3、前項によって、この契約が解除された場合、売主は、受領済の金員を無利息で遅滞なく買主に返還しなければならない。

こちらのローン条項により、住宅ローンの審査が降りなかった際にも買主は損害を被らないという事になっています。

売買契約書を作成するときには、ローン条項の存在を確認するようにしてください。