住宅ローンを組むまでの記録

賢く住宅ローンを組む方法を勉強してまとめます

個人信用情報とは

金融機関によっても異なりますが、住宅ローン審査時に多くの金融期間は以下のの個人信用情報を確認すると言われています。

これらの情報は、全国銀行個人信用情報センターが管理しています。

1年以内に複数の金融機関から借りようとするとばれてしまうことがわかります。

重要 種類 内容 期間
取引情報 ローン、クレジットカード、保証の契約内容と返済状況 契約期間中および完了区分発生から5年を超えない間
返済履歴情報 口座残高情報と入金区分の履歴 直近の2年間
官報情報 個人の破産、民事再生などの官報掲載情報 破産手続き開始の決定を受けた日から10年を超えない期間
本人申告情報 本人確認資料の紛失・盗難、同姓同名の別人が登録されている旨の本人からの申し立て 申告日から5年を超えない期間
照会登録情報 会員(金融機関等)から照会があったことを記す記録 照会日から1年を超えない期間。ただし、会員への提供は新規与信判断の照会では6か月を超えない期間

出典:「図解 わかる 住宅ローン 2016-2017年版」